少子化と結婚問題

Tugas repoto anak

シャーリアンシャ チャンドラディティヤ

                                                    11014213

少子化と結婚問題

 この世界で、色んな社会問題がある。そのうちで、少子化は最も大きな問題である。少子化は、子供がいない、あるいは少ない社会と定義することができる。この問題は、なぜ世界で大社会問題になっているだろうか。世界の大社会問題といわれ、日本では、少子化の問題は昔からあった問題である。さらに、日本だけでなく、特にヨーロッパなどの国にも少子化が非常に大問題である。少子化が起こる結果で、経済などにも大きな問題を与える。極端の場合は、絶滅の危機につながる可能性があるかもしれない。これに対して、政府が問題解決方法を考えなければならないと思う。だが、少子化は非常に解決することが難しい問題である。このことにた対して、最近の研究からみると日本の人口は次の世紀上で、現在の1.277億から3分の1を下回る見込みであることを示した。このことから見ると、少子化の問題を解決するために、なぜ少子化のような問題が起こるかをまず知らなければならないと思う。したがって、少子化のことをもっと詳しく知るために、私は少子化のことを調べる。Permasalahan angka lahir kecil, pertumbuhan penduduk lambat

以上のこと「なぜ少子化のような問題が起こるか」を理解するために、日本を事例として見てみよう。日本の総人口は2005年には1億2775万人だが、かりに長期の合計特殊出生率が2005年2005の1.26のままに留まるとして推計すると、50年後の2005年には8993万人になると予測される。また、2006年の合計特殊出生率は1.32、2007年には1.34、2008年には1.37と僅かながら上昇した。そのため、少子化は歯止まるめがかかったのように思われ、深刻な社会問題として論じられることが少なくなったようである(富士谷あつ子2009)。だが、これでよいだろうか。Statisktik angka kelahiran.

少子化に関しての原因は色々あるのだが、結婚は一つの最も大きな原因だと思う。なぜ結婚だろう。日本では、英米などの国と違い、結婚しずに子供を生むということが非常に日本の文化としてずれることだ。だが、現在は結婚しない、あるいはできない人がふえるのだ。このことから見て、私の論点はなぜ結婚しない日本人が増えているか、という論点である。Salah satu penyebabnya adalah: orang yg ingin nikah sedikit

この論点に関して、日本である結婚問題に見てみよう。1974年と1997年(2.05から1.39まで)の間に出生率の低下のために、24.3%が結婚の量子である。日本である結婚問題に見てみよう。広島(2000)は、結婚や出産のテンポの歪みの影響を分解しようとした。彼の結果は、1970年から2000年(2.138から1.386まで)の間に合計特殊出生率の低下の約70%である。また、夫婦出生力のものが30%を説明しつつあることを示していた(広島2000)。このことから見て、結婚問題は非常に少子化の問題にかなり大きな原因である。以上のようなデータから見て、結婚問題が少子化に重要な役割を果たしている。これで、なぜ日本で結婚問題が起こるかをまず考えなければならない。現在、結婚しない日本人の若者が増えるだそうだ。結婚問題に関して、多くな原因があると思う。まず、この結婚問題が若者の恋愛事情の観点から見てみよう。Masalah dalam kehidupan perkawinan

一つ目の理由は「時間の問題」である。2003年、日本人の平均労働時間は一日10時間である。アメリカなどのような国では平均労働時間は8時間である。言い換えれば、日本の働く時間が他の国よりは長いという事実がある。そのため、日本人の若者の男女関係にも問題になっている。長い働く時間だけでなく、土日で働く若者も少なくない。そのため、異性と出会う時間は非常に少ないいである。それだけでなく、出会うチャンスが低いため、異性とコミュニケーションし方が知らない若者も多いのだ。また結婚ということは新しい家族に入るということである。さらに、結婚する相手の親にも自分の親になるのだ。これはどいうことかというと、結婚相手の親面倒見なければいけないということである。このことに関して「結婚する相手は自分の親を面倒することが嫌だから」という理由があるため、結婚することができない人が増えるのだ。Contoh konkrit beratnya kehidupan perkwanian 1

二つ目の理由は「財政の問題」である。結婚するために、まず考えなければいけないことは財政のことである。一方、若者であることは仕事場でまだ新社員ということである。言い換えればまだ給料が少ないのだ。それだけでなく、若者から色々なことうをローンする日本人も少なくない。だが、結婚するために非常に強い財政が重要と思う。さらに、もし子供が生まれたら、多くの費用も準備しなければならない。多くの若者にとっては非常に負担になると考える。このような理由のため、結婚しない日本人の若者が増えると思う。Contoh konkrit 2

以上のようなことを見て、政府はこの問題に対して解決方法を考えなければならない。一つ目理由に関して、政府は無料の見合い結婚を作るのが重要だと思う。この見合い結婚のプログラムは全国の会社やテレビに紹介したら、このプログラムに参加する人が多いだと思う。このプログラムは無料ということから良いだけでなく、全国にも少子化の危機を知らされているということだ。二つ目の理由に関して、子供に対しての健康保険を無料くする。これで、親が医療費が高くなるということを心配することなく子供を持つことができる。確かに、最近日本の経済にも問題があるのだが、少子化の問題を解決しなければ日本経済ももっと悪くなると思う。Usulan penulis tuk Solusi yg bisa dilakukan petinggi negara ini=è bisa di tambahkan, biaya perkawian yg melangit bikin melarat

以上、少子化と結婚問題について取り出した通り、確かに、少子化問題の原因は色々あるのだが、最も大きな原因は結婚問題である。また、少子化の問題を解決するために、まず、問題の根本を見ることである。なぜ日本の若者は結婚しないか、あるいはなぜ結婚することができないか。この問題の根本がわかれば、政府は次のステップを計画することができると思う。このような手順で、日本が少子化を制御できる一次の国になるかもしれない。è pemerintah harus berkampanye kesadaran tuk tumbuhan penduduk dan harus ada upaya tuk lebih meringankan beban kehidupan sehari2 penduudknya, misal,..perempuan bekerja pun masih tetep bisa lanjutkan bekerja walau udah menikah dan punya anak.

参考文献:??

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s