スマートフォン SMART PHONE

                                                                                                                                                                                      執筆・推敲(2)Revisi

シャーリアンシャ チャンドラディティヤ

                                                                                                                                                             11014213

スマートフォンと社会構造

  現在はスマートフォンの時代である。なぜそのようなとを言えるだろうか。最近スマートフォンはいかにも大話題になっている。毎回新しいスマートフォンのタイプが出れば、長い列で待っている人々を見ることがおかしくないのだ。また、このことについて、IDC (International Data Corporation) によると、スマートフォンの2011の世界総売上高は4.914億台であった。日本では、スマートフォンの販売は2300万台である。さらに、IDC (International Data Corporation)、2012年のスマートフォンの販売は6.86億台に達することを期待し、2015年には9.82億台に上昇するとを期待した。このデータを見ると、世界中でスマートフォンを使う人が非常に多いということが事実である。したがって、現在はスマートフォンの時代だと言えるだろう。だが、ほとんどの人々は本当にスマートフォンのテクノロジを最大限に使うだろうか。また、スマートフォンを使用している場合は私たちの人生が容易になるだろう。これに対して、スマートフォンは便利だが、絶対に生活のために必要な物ではないと主張する。この主張について、三つの理由がある。

まず、一つ目の理由は、スマートフォンは便利ということが事実であるが、スマートフォンは人間のコミュニケーションに良いことであろうか。スマートフォンはコミュニケーション能力を低下させる。人間は直接コミュニケーションをとるのが正しいだ。確かに、最初は携帯、あるいはスマートフォンが人と人のコミュニケーションがやりやすくために作られたが、現在の事実は人々がスマートフォンを使ってコミュニケーションするほうが直接コミュニケーションするより良いと考える。事例として、最近吉舎店あるいはカフェなどに行くと、目の前に相手がいても自分をのスマートフォンを夢中する人が多いと思う。数年前、初めて人々が携帯電話を流行っているごろに、このようなことがなかったと思う。スマートフォンでは、チャットするためのアプリーが多くある。そのようなアプリーでは、グルップを作り、便利で多くの人と同時に話すことができる。また、携帯電話のメールや電話と違い、スマートフォンのチャットはインタネットの料金で24時間ノンストップで使うことができる。することがただしたがって、スマートフォンを使い、他の人と会って話す必要がなくなる。ここから見ると携帯電話とスマートフォンを明確な違いが見える。このようなことを続くと、人の前で話す自信もなくなるかもしれない。

二つ目の理由は、最近日本人の学習者の漢字のレベル低くなるといわれている。その一つの原因はスマートフォンかもしれない。なぜかというと、スマートフォンですぐに書きたい漢字が便利で出てくる。また、漢字だけでなく、スマートフォンで日本語から英語やほかの言語に訳すことが簡単になる。英語やほかの言語を勉強せずにスマートフォンで解決ことができる。言語だけでなく、現在スマートフォンを使えば、簡単に色々な情報を簡単に手に入れた。将来で、学校行かなくてもスマートフォンで十分の学校の教育を学ぶことができる。だが、このようなことは良いことであろうか。一方、勉強だけでなく勉強の過程も大事なことだと思う。特に日本人の子供にとって、もし漢字の読む書く能力が足りない場合、社会人になると非常に大変なことになる。

三つ目の理由は、間接的に我々はスマートフォンと依存するようになる。よく考えれば、私たちはスマートフォンが24時間持っている。トイレに行ったり、寝たりする時もスマートフォンが側にある。スマートフォンがないと生きていけないと思う人もいるかもしれない。このことは非常に大変なことだと思う。具体例として、スマートフォンは便利で仕事などのスケジュール設定することができる。これに対して、ひどいケースでは、もし万が一スマートフォンが使えなくなる場合、日常の仕事もやれなくなるかもしれない。なぜこのことになるかというと、多くの人がスマートフォンに依存しすぎるからである。また、このことに対して、現在の世界中の若者を見てみよう。彼らはテレビの前に座って、友人と携帯メールしたり、スマートフォンとフェースブックやツイッタのステータスアップデートを掲示したりする。これは現在の若者生活し方だと考える。また、一日は10時間以上スマートフォンを使う若者も多い。それだけでなく、イギリスのテレコミュニケーション調整器 のOfcomによると、37%の大人と60%の若者がスマートフォンに中毒になっていることを認める。このような人々はもし急にスマートフォンが無くしたり、壊れたりするとどうなるだろうか。このようなことがあるため、韓国でインターネットやスマートフォンの中毒者のための診療所がある。

以上のようなことから、どれだけ最先端なテクノロジー持っていても、スマートフォンはただの道具である。すなわち、スマートフォンは電気製品として壊れやすいのだ。もし壊れる場合、簡単に直すことできない、むしろ新しい物を買わなければいけない。このことに対して、スマートフォンにコントロールされないように考えなければならないと思う。また、スマートフォン中毒になる可能性が多いので、やはりスマートフォンを使うということが生活に良いことは限らない。

 

参考文献

The Independent: Schools head hails ‘magic’ of learning via smartphonehttp://www.independent.co.uk/news/education/education-news/schools-head-hails-magic-of-learning-via-smartphone-6282186.html

 

 

 *Tulisan anak lanang,…  tentang SMART PHONE, tugas (makalah), salah satu mata kuliah                                                                                                                                      

シャーリアンシャ チャンドラディティヤ

現在はスマートフォンの時代である。なぜそういことを言えるだろう。IDC (International Data Corporation) によって、スマートフォンの2011の世界総売上高は4.914億台であった。日本では、スマートフォンの販売は2300万台である。さらに、IDC (International Data Corporation)、2012年のスマートフォンの販売は6.86億に達することを期待し、2015年に9.82億に上昇するとを期待した。このデータを見ると、世界中でスマートフォンを使う人が非常に多いのだ。したがって、現在はスマートフォンの時代だと言えると思う。だが、ほとんどの人々は本当にスマートフォンを最大限に使用するだろう。また、スマートフォンを使わないと人生が不便であることも言えるだおる。これに対して、スマートフォンは便利だが、絶対に買うべき者ではないと主張する。この主張に関して、三つの理由を並べておく。

まず、一つ目の理由は、スマートフォンは便利ということが事実であるが、スマートフォンは人間のコミュニケーションに良いことであろうか。人間は直接でコミュニケーションすることが正しいだと思う。確かに、最初は携帯、あるいはスマートフォンが人と人のコミュニケーションがやりやすくために作られているが、現在の事実は人々がスマートフォンを使ってコミュニケーションするほうが直接コミュニケーションすより良いと考える。このようなことを続くと、人の前で話す自信もなくなるかもしれない。

二つ目の理由は、最近日本人の学習者の漢字のレベル低くなるといわれている。その一つの原因はスマートフォンかもしれない。なぜかというと、スマートフォンですぐに書きたい漢字が便利で出てくる。また、漢字だけでなく、スマートフォンで日本語から英語やほかの言語に訳すことが簡単になる。英語やほかの言語を勉強せずにスマートフォンで解決ことができる。言語だけでなく、現在スマートフォンを使えば、簡単に色々な情報を簡単に手に入れた。将来で、学校行かなくてもスマートフォンで十分の学校の教育を学ぶことができる。だが、このようなことは良いことであろうか。一方、勉強だけでなく勉強の過程も大事なことだと思う。特に日本人の子供にとって、もし漢字の読む書く能力が足りない場合、社会人になると非常に大変なことになる。

三つ目の理由は、間接的に我々はスマートフォンと依存するようになる。よく考えれば、私たちはスマートフォンが24時間持っている。トイレに行ったり、寝たりする時もスマートフォンが側にある。スマートフォンがないと生きていけないと思う人もいるかもしれない。このことは非常に大変なことだと思う。このことに対して、現在の若者を見てみよう。彼らはテレビの前に座って、友人と携帯メールしたり、スマートフォンとFacebookのステータスアップデートを掲示したりする。これは現在の若者生活し方だと考える。また、一日は10時間以上スマートフォンを使う若者も多い。それだけでなく、イギリスのテレコミュニケーション調整器 のOfcomによると、37%の大人と60%の若者がスマートフォンに中毒になっていることを認める。このような人々はもし急にスマートフォンが無くしたり、壊れたりするとどうなるだろうか。このようなことがあるため、韓国でインターネットやスマートフォンの中毒者のための診療所がある。

以上のようなことから見ると、どれだけ先進的なテクノロジ持っても、スマートフォンはただの道具である。つなわちスマートフォンにコントロールされないように考えなければならないと思う。また、スマートフォンに中毒になっている可能性もあるので、やはりスマートフォンを使うべきではないと思う。

参考文献

The Independent: Schools head hails ‘magic’ of learning via smartphone

http://www.independent.co.uk/news/education/education-news/schools-head-hails-magic-of-learning-via-smartphone-6282186.html

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s