Gallery

近代化の流れに逆らるアーミッシュ (Modernitas di mata suku Amish)

Apakah kunci kebahagiaan bagi Orang Amish? Mereka menentang kebudayaan modern. Dan masih mempertahankan kehidupan yang aneh menurut pandangan orang modern (red: layaknya suku Baduy yang ada di Indonesia).

Tulisan Ican (Tugas report) 息子が書いているレポート(日本語で)。

近代化の流れに逆らるアーミッシュ

日本語B-3木2

11014213

シャーリアンシャ チャンドラディティヤ

2012年07月26日

 現代に生きている皆さんは毎日の生活で、どれだけエネルギーを使うことが考えたことがあるだろうか。現在では、エネルギーなしで生活することが不可能なことかもしれない。だが、実際には、エネルギーを使用せずに生きている人々はまだ何人かがにいる。最近、アメリカでは、ホームステッデングという生活方法が広く適用された。ホームステッディングはどういうことかというと、野菜、蜂蜜などが、スーパマーケットで買うよりは自家製で作る。それだけでなく、テレビ、エアコン、洗濯機などの電気製品を使わないで生活している。そのことを考えると、なぜアメリカのような近代的な国に住む人々がエネルギーを使わずに生活をするだろうか。確かに、ホームステッディングなどの生活し方は、近年広がったのだが、アメリカにある一つ民族は昔からこのような生活し方が適用している。その民族はアーミッシュ民族と呼ばれている。

アーミッシュの教会の歴史は、1693年にスイスにヤコブ·アマンが率いるキリスト教のことをアーミッシュと呼ばれている。18世紀初頭に、多くのアーミッシュ民族はさまざまな理由でペンシルベニア州に移住した。現在でも、アーミッシュの最も伝統的な子孫は、ペンシルベニアドイツ語を話し続けている。2000年では、アーミッシュ民族の人々が165000人以上アメリカで住んでいる。アメリカの以外で、カナダでは約1500人のアーミッシュ民族が住んでいる。2008年の研究では、その数は、227000人に増加している。2010年の研究では、彼らの人口は、249000人と、2年間で10%増加している。

アーミッシュ民族の家庭や地域社会は、一般の人々の生活仕方と違い、近代的な技術を使わずに生活している。アーミッシュ民族は、電気、車などの近代的な設備を非常に少数で使用し、ささやかな生活を送る。アーミッシュ民族の生活方法の実際の例は、アメリカのカンザス市にあるジェームスポツ郡で体験することができる。ジェームスポツ郡は、ミズーリ州で最大のアーミッシュのコミュニティがある。ジェームスポツを通過すると、多くの馬やバギーを見ることができる。仕事に関して、アーミッシュの男性は、農場で朝から午後までに働いている。アーミッシュの女性の仕事は、子供の世話と家の周りに働くことである。アーミッシュの家庭では、子供が多いと言うことが普通である。彼らは、大家族が神からの祝福であるということを信じる。このようなことは現代の生活は非常に稀である。

以上のようなことから、アーミッシュ民族の生活し方について大きな疑問が出てくる。なぜアーミッシュの人々は、近代的な時代に彼らの生活様式を維持することができるだろうか。以上の質問に対して、いくつかの答えががある。アーミッシュの家庭と地域社会の仕方も特殊である。それぞれのメンバーは自分の仕事、地位、責任、およびステータスが決められている。家庭内の雑用は、通常性別によって分けられている。それだけでなく、アミッシュの伝統的な家族は、子供のための多くの教育を提供している。一般的には、アーミッシュの子供たちは、通常の学校に行かない。その代わりに、アーミッシュ民族内のある学校に行くことになる。しかし、彼らの正式な教育が中学校2年生までに終了。その後、学校の代わりに、子供たちは大人のような仕事を親から学ぶ。大人のような仕事に関して、男の子は外の仕事をやっている。一般的には、男の子がフィールドや納屋で父親と一緒に働いている。女の子は母親と一緒に、家庭や庭園内部の作業を行う。したがって、このようなやり方で、子供たちにとって人生に役に立つことが家庭や家族で学ぶことができる。それだけでなく、子供たちが、実際に親がどれだけ努力して働いてるかをは見ることができ、自分も家屋にとって役に立ちたいという気持ちを高めることができる。したがって、このような方法で家族の間の関係にも良いことになる。

また、すべてのアーミッシュは、以上のようことを実際に行うだろうか、という疑問が生まれる。アーミッシュのキリスト教の中にはルームスプリンガ「Rumspringa」ということがある。アーミッシュは、成人(16歳)から、洗礼教会まで(18歳から22歳)の間に、ルームスプリンガ「Rumspringa」と呼ばれている。この期間中、若年成人は、比較的に親のコントロールから自由であり、まだキリスト教にも洗礼していない。この期間中で、多くのアーミッシュの若者が家族から外に出て、アーミッシュの以外の生活を体験する。その若者の中に、アーミッシュに戻る人もいるのだが、アーミッシュから背教する若者もいる。このようなことを見ると、やはり近代的な生活は伝統的な生活よりは“甘い物”つまり、「テクノロジー、車、電気製品」などのことを提供する。しかし、アーミッシュの子供たちは、小さいから強いキリスト教の環境で生まれ育っているので、アーミッシュから背教する若者はかなり少ない。

研究の世界では、アーミッシュ民族の生活し方は非常に大話題になっている。アーミッシュ民族の生活し方は、地球温暖化などの世界の問題の問題解決になる可能性がある。一方、経済のめ殻見ると、アーミッシュ民族の生活し方は経済のバランスを維持するために最も効果的な方法かもしれない。したがって、アーミッシュの生活様式から多くのことを学ばなければならない。以上のようなことを読むと、なぜアーミッシュの人々が、近代的な時代に彼らの生活様式を維持することができるだろうか、と言う質問に関して、結論が出てくる。結論は、人生が幸せを得るために、近代的で便利な生活は非常に大事ということは限らない。もしかすると、アーミッシュ民族の生活し方が幸福を達成するための鍵かもしれない。

参考文献:池田哲著(1995)「アーミッシュの人々」サイマル出版会

: 池田智訳(1992)「アーミッシュに生まれてよかった」評論社

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s